関平

武神の息子

 武神、関羽雲長の息子。三国志演義では養子として登場しますが、正史では特にそのような記述は無いためおそらくは実子と思われます。関羽の息子であるため、三国志演義で大きな補正を与えられた人物でもあります。正史では、関羽と共につかまるときにちょろっと記載された程度でしたが、演義では色々と活躍の場を与えられています。劉備玄徳の養子である劉封とのセットが多いです。

最後

 武神の子の割には極端な武力を見せることはありませんでした。荊州に進攻してきた呉の軍勢を、父親の関羽と共に防衛し、捕縛され斬首されています。しかし、その死後、父が神に祭り上げられるとその随神として祭られるようになります。ちなみにその反対側にもう一人祭られている人が周倉元福。三国志演義にしか登場しない架空の人物です。恐るべし、演義パワー。

外史

横山三国志

 演義準拠のため、活躍の場は意外と多い。実の親のように慕っていました。やっぱりあんまし強くは無い。

蒼天航路

 子供のころから登場してくれます。荊州で曹操孟徳の大軍から逃げる際、名前こそあがりませんが、張飛益徳に抱えられていました。そこから終盤までは登場しないんですが、再登場時にはなかなかの青年として登場してくれます。そこそこつえーっす。

一騎当千

 本編には登場せず、ゲームでのみの登場となります。さすがにこういうところはフリーダムっすな。

恋姫†無双

 居ないんだぜ。残念。関羽がヒロイン扱いだから養子ってのも整合性とりにくいか。

三極姫

 そしてこっちにもいないんだぜ。同じく関羽がヒロインの一角なんで出しにくかったか……。

関連人物

兄弟


  • 最終更新:2016-05-17 02:22:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード