賈詡文和

乱世を駆け抜けた軍師

 三国志演義では諸葛亮孔明 をはじめとする他の軍師におされてやや影が薄いですが、この人も乱世を戦い抜いた代表的な軍師の一人です。董卓仲穎と共に洛陽へと上洛してきますが、董卓の存命中は目立った活躍はなく、その死後頭角を現し始めます。

曹操を殺し損ねる

 というか、この人に限らず、北西からきた人は後一歩のところまで曹操孟徳を追い詰めた人がちらほら存在します。この人の場合、張繍に仕えている時、曹操が張繍のおじの妻である鄒氏にうつつを抜かしていたのを好機とし、暗殺を実行します。この暗殺そのものは失敗しますが、曹操の息子が一人曹昂子脩、そして典韋を討ち取るという戦果をあげています。

 以後、曹操に投降するまで執拗に攻撃を加え続けます。

思い切った投降

執拗に狙っていた曹操が袁紹本初と戦争を始めたころ、劣勢の曹操にたいして降伏を行います。普通に考えるとものすごい冒険だと思いませんか? 息子と、優秀な護衛を殺しておいてその相手に降伏するって。この降伏の理由がまたすごい。普通そんなの思ってもできない。

曰く「曹操は劣勢だから援軍を大事にするし、天下を狙っているから些事にはこだわらないでしょう」

……些事か?w

曹操の軍師としての活躍

 投降後は曹操の軍師として活躍します。主な活躍は袁紹との戦いと、馬超孟起韓遂文約の連合軍との戦いの2つでしょうか。袁紹との戦いでは許攸子遠の降伏を信じ勝利に導き、馬超・韓遂の連合軍との戦いとでは指揮を執る二人の仲を割いて勝利に導きました。特に馬超・韓遂との戦いは見せ場のひとつと言えます。

外史

横山三国志

 顔がちょこちょこ変わる横山三国志において、ただ一人一貫した顔をもつ人。活躍は演義に準拠したものなので気が付いたら顔を見なくなっていたり。

蒼天航路

 数ある外史の中で最も優遇された人だと思います。おそらくは全軍師の中で一番戦場で策を練り、実行に移した描写が多い人だと思います。

一騎当千

 黒髪ロング。第一期では董卓の軍師として。第二期は曹操の軍師として登場しました。第二期は完璧にお色気キャラでしたが。結構なビッチだったぜ。だいたい所属している学校の有力者と肉体関係にあったり。

恋姫†無双

 董卓の親友というか保護者というか。ロリっ子でツンデレ。二人してメイドさんに。

三極姫

 あれ、いたっけと思ってGoogle先生に聞いたところこのwikiが上位にw まぁそれはおいといて。

 記憶の線をたどったところ根暗で無口なフードを被った子……。あ、いかん、イベントやってないわ。というわけで三をやってきた。

「わたしのなまえはかーぶんわー。こんごともよろしくー」

 とか

「リア充ばくはつしろー」

 と、のんびり棒読みでの喋りが特徴。三極姫3ではおそらく最強のサポートキャラの一角。敵兵へのダメージを増加させる呪術兵に加え、行動順が早いので作戦が立てやすい。ついでにこの棒読みがたまらなくクセになるw 割とイチオシのキャラに昇格したわけですがw 時代考証がおかしい? 三極姫ではいつものことです。

  • 最終更新:2016-03-18 11:06:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード