袁譚顕思

袁紹の長男

 ボンクラかそうでなかったか。この2点で意見が分かれるようです。その根拠として、一人で青洲の政治を取り仕切った時の、その内容が挙げられるようです。あまりよい統治を行えず、かえって混乱を招くほか、租税の収入が1/3以下になるなど、荒廃の一途をたどったようです。

 ただし、就任前から黄巾党との戦闘が続いており、そもそも治安が悪かった、また、その後、登用し損ねていた人物を迎えるなど、やりたくても出来ないことがあった、というところなのでしょう。彼が言われるほどボンクラではなかったと言える証拠の一つに、劉備玄徳より郡の長官へと推薦されたことが挙げられます。いろいろ出自の怪しい劉備ですが、人としては本当に這い上がってきている実力派ですし、彼の推薦ともあればそれなりに重く受け入れられたことでしょう。この推薦があったからこそ、曹操孟徳から逃げてきたトラブルの種を袁紹本初は迎え入れたとも言えます。

後継者争い

 袁家滅亡にはさまざまな要因がありますが、その中でも大きなものの一つが後継者争いです。3人兄弟でしたが、その末っ子の袁尚顕甫との間に、父親が生前の頃から派閥争いがあったようです。そのために、袁紹の死後、後継者争いが激化します。

 袁譚の本拠地が袁家の本拠地から離れていたというのもありましたが、幹部間のいさかいなどにより、袁尚に後継者を宣言されてしまいます。この宣言に反発はしましたが、二つに割れている隙を曹操につかれ、強襲をうけてしまいます。袁譚は袁尚に援軍を要請しましたが、袁尚はこれを拒否。さらに明確な形として溝が深まります。

 結局防衛には失敗し、堪忍袋の緒が切れた袁譚は袁尚への攻撃を開始します。こちらもまた失敗に終わり、追い詰められた袁譚は曹操への降伏を決断します。

 曹操という後ろ盾をえたからには袁譚に負ける要素はなく、そのままの勢いで袁尚を撃破し、僻地へと追いやることに成功します。同時に旧袁紹の軍勢を取り込み、一気に勢力を拡大しました。しかし、この行為が曹操に裏切りと指摘され、攻撃を受けてしまい、結果として戦死してしまいました。袁譚の一族はこれにより全員死罪となりました。

演義では

 袁紹が残念ながら曹操、劉備の引き立て役ですので、その息子、幹部も例に漏れず。袁譚などは脳筋の無能キャラとして描かれてしまっています。まぁ、描かれるだけマシなんですけどね。

外史

横山三国志

 実はね、見た覚えがないんですよw あははは仕方ないね!w なんせ袁紹と曹操のバトルは、劉備と関羽雲長が合流するためのイベントに過ぎないからね!w

 不憫じゃの。。。3人兄弟、全員こんな感じです。

蒼天航路

 多分、というかこの中で間違いなく一番活躍していると思いますw

 後継者争いに対して、生真面目な性格が災いし、父親の意思を汲み取れないような表現はありましたが、一番勝とうとしていた人のようにも思います。兄弟の中で一番まともだったような。

一騎当千

 未登場。まぁ袁紹いないからね。

恋姫†無双

 未登場……まぁ、第二世代とかって出てこないからね。

三極姫

 Mobで見たような気がする。あくまでも気がするw

関連人物

父親

兄弟


  • 最終更新:2016-10-04 04:52:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード