袁尚顕甫

THE ボンボン

 袁三兄弟の末っ子で、一番父親に愛された息子かと思われる人です。生まれたときからイケメンで武芸にひいでたとかなんとか。リア充爆発しろ。

 彼が話題に上がるのは、父の袁紹本初が死亡する前後。後継者を誰にするのか、という段になったときでした。袁紹が生前に寵愛していたことを理由に、逢紀元図審配正南らが無理やり後継者として推薦しました。袁紹伝であればこれは偽造とのことで、逢紀、審配らの個人的な権力争いのために使われたもののようです。

 実際、人物像としては器量がやや乏しかったらしく、衆目は兄の袁譚顕思が跡継ぎになると思っていたようです。この頃は曹操孟徳と引き分けていたとはいえまだ勝利したわけでもないのに、内部で団結せず、それよりも自身の権力の増強、保身に走る幹部がいる辺り、袁家滅亡も無理の無い話しなのかなと思います。

権力闘争の象徴として

 権力闘争が起こってしまったのは、父親の袁紹が跡継ぎをはっきりと決めなかったところに端を発します。この優柔不断さが貢献者争いという、不毛な戦いを生み出してしまいました。また、元々幹部間でのいさかいがあったため、この解決のために利用されてしまったという面もあるように思います。

 袁紹が生存している間、曹操はなかなか手が出せなかったのですが、この権力争いにより、とうとう攻撃のスキを与えてしまいます。

兄との闘争

 父親の死後、日に日に広がる兄との溝は、とうとう城に攻め込み、お互い死者をだすというところまで発展します。

 兄弟の諍いのスキを付くように曹操が兄の袁譚を攻撃した際に、援軍要請をもらったにもかかわらずこれを無視。なんとか曹操を退けたものの、怒った袁譚により攻撃をうけ、ここに決定的な対立として表面化します。連戦で疲労していた袁譚を撃破したものの、袁譚はその後曹操に降伏し、逆に攻められる立場になりました。

 元々幹部間の対立に嫌気が差していた家臣団は崩壊の兆しを見せ始めており、曹操との再戦が決定したことで、この崩壊は加速をはじめます。降伏するものが増え、袁尚は北の端へと追いやられます。

最後

 万里の長城を超え、再起を図ろうとした袁尚でしたが、曹操はそれを許しませんでした。頼った烏丸も撃破され、さらに頼った公孫康にはだまし討ちにあい、曹操への手土産となってしまいました。

 ざっと見た感じの感想ですが、ちやほやされて勘違いしたまま大人になった子、という印象を持っています。そのために、元凶である権力争いに担がれても疑問を持たず、外敵がいるにもかかわらず内紛に身を投じてしまったのでしょう。3人がちゃんと手を組んでいれば、袁家ももうちょっとは長続きしたかもね。

外史

横山三国志

 えー。未登場w そりゃもう、仕方ないよねw 兄弟一人も出てないもんw

蒼天航路

 蒼天航路においては、兄弟の権力争いは袁尚が後継者を気取りだしたために起こったというような表現がされています。

 父親の王者の気風とかいうものを色濃く受け継いだ、破棄のある人物として登場しましたが、戦争の途中なのに勝った気になっていたり、負けても何の根拠もなく勝てると思い込んでいたりで、バカボンっぷりもいい具合に表現できていると思います。登場時にはまだかっこよかったんだけどね。

一騎当千

 未登場。親父がいないからね。

恋姫†無双

 未登場。親はいるけど、まぁ子供はね。

三極姫

 mobでいたかもしれない。いなかったかもしれないw

関連人物

兄弟


  • 最終更新:2015-11-20 02:53:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード