張飛益徳

劉備三兄弟の末弟

 関羽雲長と共に劉備玄徳を兄のように慕い仕えた武将の一人です。その関係から三国志演義では劉備三兄弟として扱われています。張飛はこの劉備三兄弟の末弟で、三国志演義ではなぜか張飛翼徳と呼ばれています。経緯については不明です。(恐らくは飛のイメージから勝手に翼に変えられたと思われます)

 二人の兄と同じく張飛も人々に愛された存在ですが、劉備が物語の主人公として愛され、関羽は神様として愛されたのに対し、張飛は純粋に性格が愛され、いくつかのコミカルな伝承が生まれています。野ざらしという落語がありまして、「釣りに行ったとき、野ざらしになっていた骨があったので供養したら、女の幽霊がお礼に来た」という話を聞き釣りにいったものの、一向に骨が出てこないので釣竿を投げ捨てるという……何しに行ったんだオマエってお話なんですがw これの元となったお話がありまして。

 野ざらしと同じく、ある男性が打ち捨てられた骨を見つけ供養したところ、その日の夜幽霊がたずねてきます。誰か、と問うたところ「妃(フェイ)です」と「野ざらしにされていたところを供養していただいたのでお礼にまいりました」ということで、その男はエロゲな展開を楽しんだそうです。んで、その話を聞いたもう一人の別の男がそりゃぁいいと、野ざらしになっている骸骨を探し供養したところ、その日の晩、同じく扉を叩く音。誰か、と問うたところ「フェイだ」と。こりゃぁ当りを引いたに違いないと喜び勇んで扉を開けると、そこには大男が。「飛(フェイ)だ。野ざらしにされていたところを供養していただいたのでお礼に参った。では尻を……アッー!」っていう。

 華々しい活躍語ってやれよいい加減w

万夫不当

 一騎当千ともいいますが……あー、外史で出してるエロいアニメじゃないですよw 要は1万人でも蹴散らせるとか、一騎で1000騎に相当するとか、そのくらい強い人だったということです。三国志時代ってな、こういうヘンタイどもがごろごろしてる訳でして、その中でも張飛は上から数えたほうが早いほどです。いやHE☆NT☆AI☆がごろごろしてるのは三国志時代に限った話でもないですけど。中国はヘンタイが多い国です。

 さて、三国志時代の武力自慢というとそれぞれの好みがあるので「これが強さランキングだ」とやっちゃうのは若干危険なんですが、およそこんな感じかなと思います。

  1. 呂布奉先
  2. 張飛益徳
  3. 関羽雲長
  4. 孫策伯符
  5. 趙雲子龍
  6. 許褚仲康
  7. 馬超孟起
  8. 張遼文遠

 異論は認めるw っていうか、1位以外は怪しいネw まぁだいたい呂布よりは下、関羽よりは上です。直接関わりが無かった人達も多いのでランキング付けはやっぱり危険です。2位ぐらいの人だと思ってくだしあ。

長坂の戦い

 活躍の一番の見せ場っていうとやっぱりここになります。曲:糜夫人の舞台にもなっている逃避行の、また別の視点でのお話。この人、二十騎ほどで殿を務めて「オレサマチョウヒ、死ニタイヤツカラマエニデナ」と怒鳴ったところ曹操軍の数千人はあれと戦うのはちょっとなぁとしばらく静観をしていたそうです。

 ……あれ? 怒鳴っただけ??? うん。怒鳴っただけ。だが常識的に考えて欲しい。1000人以上vs一人で「死にたいやつから前に出ろ!」って言ったらふっつー殺されるよねw そういう無茶が出来るほど強い風評が立っていたってことで結構すごいこと。

 地味だけどね!

 大喝一発で終わりってんじゃぁ味気ないということで、作品によっちゃあここで張飛さんは大暴れしてくれます。一番人外なのはたぶん蒼天航路ですがまぁ、置いときましょう。興味があったら買って読んでね!

ギャグ担当なのか否か

 残念ながらギャグ担当です。本当に有難うございました。

 仕方ない。

 全ては兄貴である劉備の聖人君子(偽善者)っぷりをより引き立てさせるため、粗暴な弟を演じることを強いられているんだ! 三国志演義だけに演義を……。いやごめんなんでもない。

 基本的にどこかおばかで乱暴でイノシシで、何かやらかしちゃ関さんに怒られ劉備に話してめでたしめでたしって……サザエさんのカツオだと思ってもらえれば。あれ、んじゃぁ関さんはサザエさんか。主役どこ行った。

ワイドショー賑わしてるうらやましい限りの大恋愛

 さてさて。劉備さんの最大のライバルといえば曹操孟徳。この曹操の忠実な部下の一人に夏侯淵妙才という人がいます。この夏侯淵の姪っ子がなんと、張飛のお嫁さんなのです! リア充爆発しろ。どう考えても敵味方に分かれているのになんですかそれ。

 馴れ初めはといいますと……「《三国志・魏書・諸夏侯曹伝》の注に引く《魏略》によると、事情はこのようになる。建安五年(西暦200年)、夏侯淵のめいと夏侯覇の妹は薪取りに出かけて、張飛に捕らえられた。飛は彼女が良家の女性であると知り、彼女をめとった。女子を出産して、これが劉禅の皇后となった」だそうで。

 要は、浚ったらいいとこのお嬢さんだったんでそのまんま結婚したと。

 あかん、これ、大恋愛やない。ただの人攫いや。

 ただ、この出来事は例の逃避行の前なので、その頃には実の叔父に追われながら旦那についていくぐらいの仲だったわけですから……やっぱ大恋愛かもね。

張飛といえば……

 さてさて。関さんのところで書いたように、三国志演義はその成立した時代にポピュラーだった武器を持たされる武将が多く、張飛といえども例外ではありません。彼の持つ波打った矛、蛇矛もまた当時の冶金技術では作成が不可能です。

外史

横山三国志

 こちらはやはりオーソドックスな感じの、コミカルな役回りを与えられています。腕っ節は強いけれども、乱暴で、粗暴で、馬鹿。酒好きで軍紀を平気で乱すような困った子ですが、兄貴のためならいつでも命をかけるっていう……鉄砲玉みたいだねっ!

蒼天航路

 タダのヤクザです。本当に有難うございました。人外の強さを振るうのはいつものことなんですが、ちょこちょこ暴力にすりかわってたりします。博打に興じてたら城を追い出されるとかな。武将、武将だかね、君。一応。

一騎当千

 関さんが特Aランクなのにこの子Cランク。何この差。エセ関西弁をしゃべるエセ関西人。一騎当千だとわりと常識人に見えるんだけれども、ただ単に影が薄いだけとも言うかも……。

恋姫†無双

 大男だと思ったか? 残念。ょぅじょだぜ! なんでやねん……。いやいや、この辺つっこみだすときりがないのでやめとこう。鋼鉄の胃袋を持ち、自分の体の3,4倍の食事を平気で平らげ、身長の2.3倍の蛇矛を振り回すお馬鹿。「~なのだ!」口調の元気っ娘。

 ……よくここまで記号を詰め込んだなと感心するわ。

三極姫

 ふっつーです。あぁもぅ、すっごい普通。ここまでやけに濃い張飛がずらずらっと並んだから余計に普通に感じる。武力がそこそこ高いんで頼りになるんですが、なんしか馬の関さんの方が技能で大きく勝るっていう……普通すぎてシステムの話になったよ。どうしよう。

関連人物

義兄弟(三国志演義)

子供


  • 最終更新:2015-11-20 02:51:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード